17. 1月 2012 · コメントは受け付けていません。 · Categories: ダイアリー

O型の私は、決して負けず嫌いな方ではありません。勝てばもちろん嬉しいけれど、負けても地団駄を踏んで悔しがるほどじゃない。でも「こうすればO型は喜ぶよ」と言われると、「そうされても簡単に喜んでたまるか」という気持ちにもなります。

実際に自分が「O型が喜ぶ」と言われていることをされたとしたら、どう感じるか見てみました。

■回りくどい表現は必要なし。ストレートに褒めるのが一番。

一番かどうかはおいといて、確かにストレートに褒められたらとても嬉しいです。ストレートじゃなくても、褒められれば何でも嬉しい。でもそれは、O型に限ったことではないですよね?何型だって、褒められて怒ったり悲しんだりする人はいないはず。

ちょっと格好のいい表現で褒められるのだって、すごく嬉しいですよ。ただあまりにも回りくどいと、自分が褒められているのだと気づかない可能性も…。

■ほんの小さなことでも頼る。

どんなことでも、頼られると力になりたいと頑張ります。せっかく自分を頼ってくれたんだから、それに応えるべく最大限の力を出します。ちょっとしたことでも、何かを頼まれると嬉しいというのは間違いありません。

でも私の場合、頼られるより頼る方が多い。だからたまに頼ってもらうと、日頃の恩返しのときだと張り切るのです。本当に些細なことだとしても。

■大雑把な面を補う。

これは嬉しいというより有難い(^^ゞ たとえば一緒にどこかに出かけ、またここに来ることがあるから場所を覚えておこうということになったとき。私は住所などを覚えればいいものを、「隣にはこんな建物があって…」というように大体で記憶してしまいます。案の定、次に来たときには記憶が曖昧になってわからなくなることも多々。

そんなとき、私の代わりにちゃんと住所などを覚えておいてくれたら、本当に助かります(^^)

褒める・頼る・欠点をフォローする。これらは嬉しいことに違いないですが、O型だけじゃないはずでは?

29. 12月 2011 · コメントは受け付けていません。 · Categories: ダイアリー

寒い冬がやってきそうですね。

できれば暖かい部屋の中に閉じこもっていたいところですが、そうもいきません。

そんな寒い外に出なければいけないときに力強い味方になってくれるのが「使い捨てカイロ」。

冷え性の方などは欠かせないアイテムになっているのではないでしょうか。

でもせっかくカイロを持ってきたのに、あまり暖かくない。

カイロを貼ったところは熱いくらいなのに、他の部分が冷えてしょうがない。

そんな思いをしてませんか?

カイロも貼る位置によって、体全体を効果的に暖めることができるんです。

無駄に何枚もカイロを使わなくても良くなるかもしれませんし、ぜひチェックしてみてください。

■寒さに効くツボ

マッサージや整体に行くと、ツボを押してくれますよね。

このツボは体内をめぐる神経や血管の重要ポイントのため、ここを刺激してあげることで血行が改善したり、体の痛みが解消されたりします。

同じように、このツボの上にカイロを貼ってあげることで、血行を改善し体全体を暖める効果が期待できます。

具体的に寒さ対策に効果的なツボは以下のとおりです。

(1)天柱・風池
後頭部と首の付け根部分にある「天柱」が寒さに効くツボとして有名です。
後頭部の生え際あたりの中央部分を触ってみると、2本の太い筋肉が縦に走っているのが分かるかと思います。
この筋肉のすぐ外側にくぼんだ場所がありますが、ここが「天柱」です。

またこの「天柱」の外側には「風池」というツボがあり、ここも同様の効果が期待できます。
そこでカイロでこの「天柱」「風池」を含む首のあたりを暖めてあげると、効果的です。

(2)腎兪
腰や下腹部の冷えに効果的なのが「腎兪」です。
「腎兪」は背骨の外側にあるツボで、腕を両脇につけたときに、肘の高さの辺りにあります。
大体背骨の中心から指2本分くらい離れたところにありますので、このあたりにカイロを貼って暖めてあげるとよいでしょう。

■低温やけどに注意

使い捨てカイロを使う際には低温やけどに注意しましょう。
直接肌に貼ったり、長時間同じ場所に貼ることは避けたほうが良いです。
衣類の上から貼るのが一番ですが、首などを暖めたい場合は、貼り付けタイプは使用せず、ときどきカイロを手で当ててあげて暖めるくらいがオススメです。

28. 12月 2011 · コメントは受け付けていません。 · Categories: ダイアリー

そろそろ年賀状作りのことも考えておかないといけない時期になって来ましたね。

いまでは高機能な年賀状ソフトがたくさん発売されてますし、写真並みのきれいな印刷ができるプリンタも登場してきているので、年賀状は全部パソコンで作成する方も多いのではないかと思います。

でもそこであえて、手作り感にあふれた年賀状が届いたら、受け取った人も喜んでくれるのではないでしょうか。

とはいっても1枚1枚手書きするのは大変。

そんなときは、小学校の頃を思い出して「いも版画」で年賀状を作ってみませんか?

いも版画は材料が簡単に手に入りますし、とても素朴で味のあるイラストを簡単に作成できますし、スタンプの要領でたくさん作ることが可能。

時間がないけど個性的な年賀状を作りたい方はぜひ一度お試しください。

■用意するもの
・さつまいも
・彫刻刀
・針
・粗い紙やすり
・版画用絵の具もしくは水性絵の具
・筆

■原画を探す・描く

いも版画には
・線が太い
・それぞれの線がはなれている
ほうが簡単に作れます。

これにあった原画を版画集やいも版画から探してみてください。
もちろん自信があればご自分でデザインしてみましょう。

■いもに原画を移す
まずは原画にサイズがあうようにさつまいもを切ります。
もちろんはがきのサイズも考慮しておきます。
表面は平らになるようにしっかり切ってください。

さつまいもを切ったら、紙やすりで表面をならします。
紙やすりを下に敷いて、大根おろしの要領でこすると良いでしょう。

表面が平らになったら、いもに原画を転写します。

カーボン用紙などは使えませんので、原画をいもの上において、線の上から針をさしながら、いもの表面に穴を開けていきますが、面倒なときは油性ペンで上からなぞっても良いです。

■彫る

転写した線を残すようにイモを彫ります。
そのとき、しっかり深く彫ることが大事です。
彫り跡が、V字ではなく四角く凹むように彫ることで、キレイに刷ることができます。

■刷る前に

いよいよ刷りに入りますが、年賀状の宛先をパソコンで印刷する場合は、刷る前に印刷しておきましょう。
イモ版画を刷った後にプリンタにセットすると、プリンタが詰まったり、せっかくの図柄が崩れてしまう可能性があります。

■刷る

絵の具を使って刷りますが、水を入れすぎるとベチャベチャになってしまいます。
水はほんの少し入れるだけでいいです。

そして本番(年賀状に刷る)前に、何回か練習して、どのくらい絵の具をつければいいかの加減を掴んでおきましょう。

■乾かす

刷り終わったら乾かして完成です。
新聞紙等を敷いて、その上に並べて乾かしておくといいでしょう。

15. 12月 2011 · コメントは受け付けていません。 · Categories: ダイアリー

クリスマスが近づいてきましたね。
なんか・・・プレゼントがいろいろと大変なことになってます。

子どものは偶然にもトイザラスのセールになっていたので期間中に買いました。
なのに娘が・・・「やっぱりレゴにする!」とか言いだして・・・
こないだも「やっぱりコエダちゃんのおうちにする!」と言いだしたのをやっとなだめたところなのに、また・・・
もう買っちゃったから変えられないんだけど、やっぱり5歳の言うことは信じられんと悲しくなっている今日この頃です。
お兄ちゃんがおじいちゃんサンタにお願いしたミニレゴの「モンサンミシェル」も完売にて残念ながら「モアイ像」になりました(^_^;)

で、今日はお兄ちゃんのお絵かき教室のクリスマス会のプレゼント交換の品と、妹の英語教室のクリスマス会のお菓子交換の品を買いに行きました。

お兄ちゃんのプレゼントの予算は500円。
探しまわって探しまわって「知恵の輪セット」を買いました。
お兄ちゃん自身も欲しかったようですが、残念ながら最後のひとつ。
また再入荷したら買いに来るそうです(*^_^*)

妹のおかしの予算は200円。
こんな予算なので、もちろん駄菓子屋さんへGO!
最近は「夢や」という駄菓子屋さんがチェーンなのかあちこちのモールに入っていて有難い。
200円でもこーんなに買えましたよ。
上はお兄ちゃんの知恵の輪ね。

いよいよ寒くなってきた今年の冬。
思い切ってホワイトクリスマスになってくれると子どもが喜ぶんだけど(*^_^*)
今年はクリスマス前日の23日からの3連休なので、お兄ちゃんは毎日窓際で空に向かってお祈りしています。
「プレゼントがどうか23日に早めに来ますように・・・」だって。
信じている小3男子です(笑)

実は今年は私も旦那様にクリプレをお願いしているんですけども。。。

私はもともと水色が好きなのです。トヨタアクアの水色は、私の好みの色なんです。
あんな可愛い色の車がほしい!というわけで、予約してもらっちゃいました。
予約待ちで、手に入るのは来年になってしまうのですが。
旦那と相談してクルマを買おうと思っていたタイミングだったので、ちょうどよかった!家に来るのが楽しみです。